【第6シリーズ・ゲゲゲの鬼太郎】歴代アニメ主題歌(OP曲・EN曲)まとめ・人気曲ランキング

『ゲゲゲの鬼太郎』第6期は、アニメ化50周年を記念して、2018年の4月1日より放送を開始しました(フジテレビ:毎週日曜午前9時~9時30分)。アニメだけでなく、『ゲゲゲの鬼太郎』のおなじみの曲も、アレンジされて蘇りました。

そこで今回は『新・ゲゲゲの鬼太郎』の歴代アニメ主題歌(OP曲・EN曲)をまとめてゆきます。

水木しげる原作の漫画『ゲゲゲの鬼太郎』を原作とする妖怪アニメ作品。原作同様に親しまれているアニメ版は2018年現在までに、1960年代・1970年代・1980年代・1990年代・2000年代・2010年代と、各年代ごとに6つのシリーズ作品が製作されている。

墓場から生まれた幽霊族の少年・鬼太郎が多種多様な妖怪たちと繰り広げる物語。

スポンサーリンク



アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の歴代主題歌まとめ

アニメ:第6シリーズ (10’s)

※オープニング(OP)曲・エンディング(EN)曲は、全2曲あります。
OP1.  氷川きよし『ゲゲゲの鬼太郎 』

初代オープニング曲です「鬼太郎は幼い頃の僕の“人生の師匠”的存在。大きくなったら妖怪になりたいと思っていたくらい。」と意気込む氷川きよしさんさんが担当しました。

EN1. まねきケチャ 『鏡の中から』

初代エンディング曲ですまねきケチャが担当し、メンバーの藤川さんは、「子供の頃に大好きな祖父と一緒に観てたので、早くお爺ちゃんに伝えたいです。また、当時の私の髪型が鬼太郎に似ていたらしく、鬼太郎って呼ばれていたので、今回のご縁に運命を感じます」とコメントしました。

アニメ:第5シリーズ (00’s)

EN1. 長井秀和 『ウラメシ夜(ヤ)』(1-26話)

作詞 – t@28 / 作曲 – UZA / 編曲 – 大野宏明 / 歌 – 長井秀和(インデックスミュージック)

初代エンディング曲です。お笑いの長井秀和と聞いて、所詮企画もの音楽だろうと思っていたら大間違いです。まず、長井秀和が前面に押し出されていません。歌唱力どうこうでなく彼の持つ表現力に驚かされました。知らずに聞けば、歌い手が長井秀和とはわからないです。

EN2. スワベジュンイチ『妖怪横丁ゲゲゲ節』(27-51話)

作詞 – 山田ひろし / 作曲・編曲 – 太田美知彦 / 歌 – スワベジュンイチ(インデックスミュージック)

2代目エンディング曲です。有名な声優の諏訪部さんが担当しました。盆踊りのような曲で、アニメのEDでは画面いっぱいに妖怪たちが出て来る「ゲゲゲのゲ♪」の所が勢いがあって良いです。

アニメ:第4シリーズ (00’s)

EN1. 憂歌団『カランコロンの歌』(1 – 76話)

作詞 – 水木しげる / 作曲 – いずみたく / 編曲・歌 – 憂歌団(wea japan)

初代エンディング曲です。ノスタルジックな気分になる曲です。この歌雰囲気が不気味な感じで当時ビビりつつも最後まで聴いてた方も多いのではないでしょうか。

EN2. 憂歌団『イヤンなっちゃう節』(77 – 114話)

作詞 – 森雪之丞 / 作曲 – 岡本朗 / 編曲 – 憂歌団、HAKABAS / 歌 – 憂歌団(wea japan)

2代目エンディング曲です。15年ぶりに活動を再開した(2013年時)関西ブルース界の雄、憂歌団が担当。国民的なあのアニメとともに、今再び憂歌団が蘇ります。

アニメ『新・ゲゲゲの鬼太郎』の人気主題歌ランキング

曲探しの参考までに『新・ゲゲゲの鬼太郎』人気な主題歌ランキングを紹介します。本ランキングは、みなさんの大手サイトでの歌詞検索、アクセス数(PV数)をもとに本サイトで作成しています(執筆時)。

現在、準備中・・・

まとめ

▼ TVアニメ『新・ゲゲゲの鬼太郎 』公式HPへ(クリックで移動)

『ゲゲゲの鬼太郎』の歴代主題歌(OP曲・EN曲・挿入歌)をまとめてゆきました。

 『ゲゲゲの鬼太郎』第6期では、21世紀も20年近くが経ち、人々が妖怪の存在を忘れた現代の設定でストーリーが作られています。アニメだけでなく、声優や主題歌もますますパワーアップした本作を、今後も応援してゆきます。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

関連記事
The following two tabs change content below.
Youtube動画ライブラリー管理人

Youtube動画ライブラリー管理人

Youtubeが大好きな管理人です。学業に励む傍、Youtubeをより楽しめるよう、アニメ・映画・スポーツ・ゲームの主題歌を中心に>>再生リスト<<の作成を行なっています。

フォローする

 この記事も読まれています

本記事を読んだ方に、おすすめの記事(よく読まれている記事)をご紹介しています。



期間限定のエントリーを読む