【鋼の錬金術師(ハガレン)】歴代アニメ主題歌コレクション・人気曲ランキング

昨年(2017年)に実写化もされ、TVアニメとして放映されていた頃には、日本だけでなく、アメリカにおいても数々の賞を受賞した『鋼の錬金術師』

度々耳にするその主題歌は、頭の中にアニメの映像を引き起こし、興奮する方も多いのではないでしょうか。

今回は、『鋼の錬金術師の主題歌・人気曲ランキング』をまとめていきます。

鋼の錬金術師』(はがねのれんきんじゅつし)は、荒川弘の漫画『鋼の錬金術師』を原作としたボンズ制作の日本のファンタジーアニメ。

テレビアニメ作品として2003年からまでMBS製作・TBS系列ほかにおいて放送された。略称は、『ハガレン』等。キャッチコピーは、「とりもどせ、すべてを」。

スポンサーリンク



鋼の錬金術師の主題歌(OP・EN曲)

オープング(OP)曲が4曲、エンディング(EN)曲が4曲、挿入歌が3曲ありますので、順に紹介していきます。

オープニングテーマ編

OP1. ポルノグラフティ『メリッサ』

歌 – ポルノグラフィティ / 第1期(第2 – 13話)

ハガレンの初代オープニング曲に起用された曲です。ハガレンといえばこの曲。ポルノといえば、この曲。イントロのベースから引き込まれていきます。今もテレビやライブで時々演奏される、リリースから10年以上が経っても愛されている名曲です。

OP2. L’Arc〜en〜Ciel『READY STEADY GO』

歌 – L’Arc〜en〜Ciel / 第2期(第14 – 25話)

ハガレンの2代目オープニング曲ラルク復帰第一弾であった本曲は、個々の完璧なまでの演奏技術とボーカルのずばぬけた歌唱力が織り成す、スピード感あふれる曲となりました。あくまでもロック色を失わず、新たな挑戦をつづける彼らの復活にふさわしい曲です。

OP3. COOL JOKE『UNDO』

歌 – COOL JOKE / 第3期(第26 – 41話)

ハガレンの3代目オープニング曲エモーショナルな熱っぽさに導かれる本曲からは、歌を届けようとする真摯な姿勢が伝わってきます。そのため、メロディは刻み込む力に満ちてます。鋼の錬金術師のアニメの内容にすごくあっていて、明るい感じのメロディなのに、よく聞くと悲しい歌詞となっています。

OP4. ASIAN KUNG-FU GENERATION『リライト』

歌 – ASIAN KUNG-FU GENERATION / 第4期(第42 – 51話)

ハガレンの4代目オープニング曲イントロから最後までの重厚なサウンド、淡々としたリズムから一気に転調するサビのインパクト、もう完璧です!痺れるようなゴリゴリのロック感はアジカンの曲の中でも随一です。

エンディングテーマ編

EN1. 北出菜奈『消せない罪』

歌 – 北出菜奈 / 第1期(第2 – 13話)

ハガレンの初代エンディング曲です。歌詞がとてもいいです。きちんと物語の内容に沿っていて曲自体も雰囲気が良いです。北出さんのロックな歌い方+バラード系+ロックな音楽でバランスが不思議な事に良いです。

EN2. YeLLOW Generation『扉の向こうへ』

歌 – YeLLOW Generation / 第2期(第14 – 24話)

ハガレンの2代目エンディング曲です。深くて切ない曲です。「鋼の錬金術師」というアニメのエンディングソングはこれ以外ありえない。それくらいに歌詞が深い曲です。アニメのテーマとピタリとリンクして見事な映像美と感性美をこれほど醸し出してる歌です。「歌詞をとにかく重要視して歌を作ります」と言っているイエロージェネレーションは、見事にその言葉をこの歌で表現しています。

EN3. Crystal kay『Motherland』

歌 – Crystal Kay / 第3期(第26 – 41話)

ハガレンの3代目エンディング曲です。気持ちをを伝えられないまま、遠くへ行ってしまった恋人を、それでも優しい気持ちで想い続けずにはいられないという、胸打たれるミドルバラード曲です。クリスタル・ケイのヴォーカリストとしてのスキルを存分に発揮した曲です。

EN4. Sowelu『I Will』

歌 – Sowelu / 第4期(第42 – 50話)

ハガレンの4代目エンディング曲です。全体の起承転結が大きいドラマチックな曲です。それでいて聞いていて疲れないのはやはりSoweluの声がこの曲にマッチしているからだと思います。R&B色の濃いダンサブルなトラックに、スパニッシュ・ギターのあたたかい音色と、透明感あふれる凛としたヴォーカルが映えています。

映画主題歌編 (2005年劇場公開)

▼映画の公式HPへ(クリックで移動)

OP曲. L’Arc〜en〜Ciel『LINK』

『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』オープニング・テーマ。夏にピッタリくる、疾走感あふれるアップテンポ曲は、明るくて爽やかで、一度聴いたら忘れないほどキャッチーで…そして、ちょっぴり切ないです。「大空へと僕は真っ白に舞い上がり守ってあげる」という歌詞が印象的です。

EN曲. L’Arc〜en〜Ciel『LOST HEAVEN』

『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』エンディング・テーマです。歌詞に関してhydeは「たった一つの楽園などなく人それぞれが思い描く楽園があるということを言いたかった」と述べています。

挿入歌(おまけ)

1. ベートーヴェン『交響曲第5番『運命』より第1楽章』

作曲 – ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン 

【鋼の錬金術師】 50話挿入歌です。有名な楽曲ですので、他でもよく聞いたことがある曲です。

挿2. ショパン『別れの曲』

作曲 – フレデリック・ショパン / 第51話で使用。

最終回のときアーチャー大佐に襲撃されて倒れているマスタング大佐のもとでホークアイ中尉が泣き叫ぶ。というシーンがあるのですが、そのときに流れていた曲です。

挿3. ARAHIS『БРАТЬЯ(ブラーチャ)』

作曲 – 大島ミチル / ロシア語である。

ロシア出身で日本でデビューした双子の姉妹デュオが歌います。

鋼の錬金術師 人気主題歌ランキング

曲探しの参考までに、『鋼の錬金術師(ハガレン)』人気な主題歌ランキングを紹介します。本ランキングは、みなさんの大手サイトでの歌詞検索、アクセス数(PV数)をもとに本サイトで作成しています(執筆現在)

5位   YeLLOW Generation『扉の向こうへ』 PV数 73018

4位   COOL JOKE『UNDO』 PV数 90968

3位   北出菜奈『消せない罪』 PV数 247611

2位   ポルノグラフティ『メリッサ』PV数 556682

1位 ASIAN KUNG=FU GENERETION『リライト』PV数 609258

1位・2位の曲が圧倒的ですね。本曲は、鋼の錬金術師を見ていない方にも聞かれるほどの人気曲ですので、人気なのも頷けますね。またその他、『Motherland』『I Will』などの曲も人気のようです。

まとめ

▼ TVアニメ「鋼の錬金術師」(クリックで移動)

『鋼の錬金術師の主題歌・人気曲ランキング』をまとめていきました。

『鋼の錬金術師』シリーズの主題歌は、ポルノ・グラフティー、ラルク、アジカンなどを筆頭に2000年代に活躍したアーティストたちが担当するなど、いかにアニメ『ハガレン』が人気だったことが、主題歌からも伺えます。

Youtubeの再生リストへ

今、振り返ってみても色あせない、名曲の数々なので、定期的に聴きたくなりますね。本日も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

関連記事
The following two tabs change content below.
Youtube動画ライブラリー管理人

Youtube動画ライブラリー管理人

Youtubeが大好きな管理人です。学業に励む傍、Youtubeをより楽しめるよう、アニメ・映画・スポーツ・ゲームの主題歌を中心に>>再生リスト<<の作成を行なっています。

フォローする

 この記事も読まれています

本記事を読んだ方に、おすすめの記事(よく読まれている記事)をご紹介しています。



期間限定のエントリーを読む