もうひとつの箱根駅伝・続報箱根駅伝G +の動画リンク集 (舞台裏を見逃した方へ!!)

箱根の山を舞台に、一つのタスキをチームで繋ぐ箱根駅伝。憧れの舞台に立ち、チームの為に必死に疾走する選手の姿が、胸熱ものです。

そんな箱根駅伝ですが、青春を駅伝に捧げる選手たちの舞台裏には、本番では見られないようなドラマがあります。そのドラマを特集してくいるのが、日本テレビが放映する「もうひとつの箱根駅伝、続報箱根駅伝G+」。これがまた、非常にいい番組です。

そこで今回は、『箱根駅伝舞台裏番組の動画リンク集』を紹介します。過去の放送分を見たい方や、最近の放送を見逃した方は、ぜひ参考にしてください。

※2018年分(最新の結果)を、追加しました




もうひとつの箱根駅伝・続報!箱根駅伝G +とは

▼番組の公式HPへ(画像をクリックで移動)

同番組は、関東地区にて、箱根駅伝の中継後の週末に放映されます。

番組の内容は、 選手に随行する運営管理車の中の

監督・コーチに密着した 箱根駅伝の舞台裏番組 です。

日本のお正月に15時間にも及ぶ生中継で放送される「箱根駅伝」。各校の頂点を争う戦い、シード権を巡る争い、そして陸上競技に青春を捧げる選手たちの1秒でも早く襷を繋げようとする想い……。「生中継でしか見られないシーン」が多く生まれます。

しかし、箱根駅伝の魅力はそれだけではありません。「生中継でしか見られないシーン」と背中合わせの「生中継には映らないドラマ」。それこそが「もうひとつの箱根駅伝」です。箱根駅伝の熱狂が覚めない視聴者に、生中継の裏側にあった知られざるドキュメントをお届けします。

(もうひとつの箱根駅伝のあらすじ)

2箱根駅伝復路を終えたばかりの大手町には、学生ランナーたちの歓喜の雄叫びと涙をすする音が響きます。地上波14:18 ~ 15:00でお伝えしている「続報!箱根駅伝」は生中継でお送りしていますが、生カメラで撮影できる範囲は限られます。G+では密着マークの取材カメラがとらえた、更なるその後を特別編集版で伝えます。

優勝チームの報告会、敗戦チームの反省会、各校の指揮官たちが贈る魂の訓示……あの涙の理由とは? あの笑顔を生んだ存在とは? あの走りを支えた言葉とは? あの失敗から得た教訓とは? 箱根にすべてを捧げる彼らの本音に迫ります。

続報!箱根駅伝G +のあらすじより)

もうひとつの箱根駅伝(過去の動画)

2009年 優勝校『東洋大学』

もうひとつの箱根駅伝を視聴

2009年の箱根駅伝は85回目を記念して、史上最多の23チームで行なわれた。往路は5区で8人抜きによりトップに立った東洋大学が初優勝した。復路は6区で2位に後退した東洋大が8区で再び首位に立つとそのまま逃げ切り、初の総合優勝を果たした。併せて復路での優勝も記録した東洋大は初のタイトルを完全優勝で飾った。金栗四三杯(MVP)は5区区間新記録を達成した東洋大学の柏原竜二が受賞した。

2010年 優勝校『東洋大学』

もうひとつの箱根駅伝を視聴

◇番組内容

前回王者の東洋大学は連覇、日本大学は学生駅伝3冠、昨年まさかのシード落ちで予選会トップ通過の駒澤大学は2年ぶりのシード復帰を目指した。レース後には大会MVPを受賞した柏原選手、まさに「柏原のための箱根駅伝」となった。

2011年 優勝校『早稲田大学』

もうひとつの箱根駅伝を視聴

◇番組内容

217.9kmの継走の末、最少21秒差で決着した臙脂(早稲田)と鉄紺(東洋)の激闘譜。
歓喜と落涙の明暗が際立ったレースを両軍の証言で振り返ると、
至高の名勝負の結末は、「365日後の未来」をも変えていた――。

2012年 優勝校『東洋大学』

もうひとつの箱根駅伝を視聴

◇番組内容

第88回箱根駅伝は、東洋大の強さが突出し、駒大の大八木弘明監督も早大の渡辺康幸監督も、ただただ脱帽するしかない結果に終わった。10人の選手が完璧だっただけではなく、控えの選手も含めてレベルアップされていた東洋大。それに対してレース前から誤算が続出していたのが前回優勝の早大だった。

2013年 優勝校『日本体育大学』

もうひとつの箱根駅伝を視聴

◇番組内容

酒井俊幸監督が率いる東洋大学、大八木弘明監督率いる駒澤大学など5大学の優勝争いになるのではと予想された箱根駅伝を密着。今回の箱根駅伝も様々なドラマがあった。箱根駅伝の1区は序盤スローペース。早稲田大学の前田悠貴など強豪チームが遅れる中、東洋大学の田口雅也が区間賞を獲得し、2区の設楽啓太に襷をつないだ。区間2位の文元慧は、前日全然眠れなかったが仕事を果たせたと感想を漏らした。日本大学は13位でガンドゥ・ベンジャミンがスタート。その頃、青山学院大学の寮のテレビで箱根駅伝の中継を見ていたエースの出岐雄大は、2区を回避したことについて、「今の状態では自分は走れない」と口にした。

続報!箱根駅伝を視聴

2014年 優勝校『東洋大学』

もうひとつの箱根駅伝を視聴

◇番組内容

東洋大が歴代2位の10時間52分50秒の好タイムで、2年ぶり4度目の総合優勝を果たした箱根駅伝。往路優勝し2位駒大に59秒差を付けて箱根・芦ノ湖をスタート。6区、7区とじわじわとリードを広げると8区では3分40秒差と突き放した。

続報!箱根駅伝を視聴

2015年 優勝校『青山学院大学』

もうひとつの箱根駅伝を視聴する

◇番組内容

青山学院の初優勝で幕を閉じた第91回箱根駅伝。生中継では伝えられない部分にスポットを当て大会前や本番当日に密着。その裏側にあったドキュメント秘話をご紹介します。

続報!箱根駅伝を視聴を

2016年 優勝校『青山学院大学』

もうひとつの箱根駅伝を視聴する

続報!箱根駅伝を視聴を

20大学と選抜チームである関東学生連合の21チームにより争われた。総合優勝は2年連続優勝となる青山学院大学で、1区終了時点から10区のゴールまでの全10区間で1位を記録する「総合完全優勝」であった。また総合優勝以外にも往路優勝と復路優勝を同時に達成する3部門での「完全優勝」でもあった。

2017年 優勝校『青山学院大学』

続報!箱根駅伝を視聴

◇番組内容
青山学院の3連覇で幕を下ろした第93回箱根駅伝、その裏側に密着したドキュメント。快走の裏側にあった真実とは?中継では伝えきれない、もうひとつの物語です。

2018年 優勝校『青山学院大学』

もうひとつの箱根駅伝を視聴

◇番組内容

新春のお茶の間に感動を届ける箱根駅伝。 第94回大会は、地上波日本テレビで2018年1月2日・3日、15時間に渡り生中継。 そこには、頂点を目指ししのぎを削る戦い、シード権を巡り熾烈を極める争い、そして、各選手の1秒でも早く襷を繋げようとする想いが交錯する、生中継でしか見ることのできない峻烈なドラマが繰り広げられます。 

まとめ

『箱根駅伝舞台裏番組の動画リンク集』を紹介しました。

箱根駅伝の本番(生中継)も胸熱ものですが、箱根駅伝の舞台裏に脚光を当てた番組たちにも、ドラマティクなストーリーがあり、胸熱ものですね。

来年(2018年)の箱根駅伝では、どのようなドラマが待っているのか楽しみです。

▼こちらもおすすめです。

【箱根駅伝】胸熱な放送テーマ曲(オープニング・エンディング・ハイライト)まとめ.
お正月の恒例スポーツである、箱根駅伝。長い歴史と伝統を持つ競技大会であり、平均視聴率が20%を超えるなど、国内の学生スポーツ競技会の中でも、・・・
The following two tabs change content below.
Youtube動画ライブラリー管理人

Youtube動画ライブラリー管理人

Youtubeが大好きな管理人です。学業に励む傍、Youtubeをより楽しめるよう、音楽・映画・スポーツ・ゲーム動画を中心に>>再生リスト<<の作成を行なっています。
 この記事も読まれています
本記事を読んだ方に、おすすめの記事(よく読まれている記事)をご紹介しています。



 YOUTUBEにて再生リストを作成中

管理人の趣味で 再生リストを作っています。本サイトでは紹介していない再生リストもありますので、どうぞご覧ください。

>>クリックで移動<<

AD.

フォローする

最新のエントリーを読む
AD.