【JRスキー(SKISKI)歴代CM曲まとめ】雪より美しいイメージガールも同時に紹介

JR SKISKI(ジェイアール スキースキー)は、JR東日本が1991年から展開しているスキー旅行のキャンペーンです。毎年、可愛いイメージガールのキャッチーなポスターを駅構内で見かけますが、TV-CMソングも旬なアーティストとタイアップしており、冬の風物詩にされます。

今回はそんな『 JRスキー (SKISKI) の歴代CM曲  』を紹介します。

AD.
スポンサーリンク




JRスキー (SKISKI) 歴代CM曲

※近年の作品から順に紹介していきます。

2017-18 松任谷 由美 『BLIZZARD』

“JR東日本発足30周年”と映画『私をスキーに連れてって』(1987)公開30周年の特別企画。テレビCMやWEBプロモーションなどは、同映画に出演した女優・原田知世(50)と俳優の三上博史(55)を起用し展開しました。CMソングは、同映画の劇中歌となった松任谷由実(ユーミン)のBLIZZARDです。

○CMを見る

JRSKISKIのCMを再生

○キャッチコピー 『私を新幹線でスキーにつれてって』

○キャンペンパーソン 原田知世さん・三上博史さん

2016-17 [Alexandros] 『SNOW SOUND』

アレキサンドロスの温かみのあるミディアムチューンかつ、初のウィンターソングです。「雪国出身のバンドではありませんが、だからこそ雪に憧れる気持ちはわかります。そういった気持ちを込めました」とコメントしました。

○CMを見る

JRSKISKIのCMを再生

○キャッチコピー 『冬が胸にきた』

○キャンペンガール 桜井日奈子さん

2015-16 MAN WITH A MISSION 『Memories』

勢いのあるサウンドが印象的なMAN WITH A MISSIONですが、今作は、白い雪の世界を思い起こされるようなミドルテンポのロックチューンに仕上がっています。

○CMを見る

JRSKISKIのCMを再生

○キャッチコピー そこに雪はあるか。』

○キャンペンガール 山本 舞香さん

2014-15 back numberヒロイン

「ヒロイン」はback numberのウィンターバラードソングです。「 僕等自身、過去のJR SKISKIのCMを見て、CMソングを聴いて、恋したくなったり冬そのものにワクワクしたりしていたので、この新CMを見た人達にもあの時の自分達と同じような気持ちになってもらえたら嬉しいです」とコメントしています。

○CMを見る

JRSKISKIのCMを再生

○キャッチコピー 答えは雪に聞け。』

○キャンペンガール 広瀬すず

2013-14 SEKAI NO OWARIスノーマジックファンタジー

今冬の「JR SKISKI」のCMは「青春・恋愛」がテーマ。女優の川口春奈が出演し、スノーレジャーの楽しさを伝えています。そのCMの楽曲として、SEKAI NO OWARI 作曲の本曲が使用されました。また、DJ LOVEをフィーチャーした「JR SKISKI」のティザーポスターも話題になりました。

○CMを見る

JRSKISKIのCMを再生

○キャッチコピー ぜんぶ雪のせいだ。』

○キャンペンガール 川口春奈さん

2012-13 GReeeeN『雪の音

GReeeeNの楽曲が使用されました。「雪(ゆき)の音(ね)」。“アナタを好きだと、気付いたその瞬間”切なくて、苦しくて、世界で一番幸せな一瞬を描いた冬のラブソングです。

○CMを見る

JRSKISKIのCMを再生

○キャッチコピー 青春は、純白だ。』

○キャンペンガール 本田 翼さん

2007-2012 一時キャンペーン休止

不況やJRの合理化の方針もあり割引切符が類が相次いで廃止されていて、スキー自体を重視した構成演出にされ、新幹線を利用した切符や旅行商品のPRについては、行われていません。

 2006-07  木村カエラ『Snow dome

本キャンペーンに使用された「Snowdome」はストレートなラブソングですが、本人はそのような意識はないらしく、アイドルっぽい曲をBEAT CRUSADERSが作ってきたので、それっぽい詞を書いた結果「切ないラブソング」になってしまったとのことです。

○CMを見る

JRSKISKIのCMを再生

○キャッチコピー なんでもありでsnow。』

○キャンペンガール 木村カエラさん (とスノーウィー)

まとめ

▼JRのスキー・スノボキャンペーンページ(画像をクリックで移動)

『JRスキー (SKISKI) 歴代CM曲 』を紹介しました

冬になると話題にされるJR・SKISKIキャンペーンですが、美しいキャンペーンガールだけでなく、キャッチコピーにも、注目して欲しい点があります。

2015-16『そこに雪はあるか。』のシーズン

→スキー場が悲鳴をあげるほどの雪不足

2013-14『ぜんぶ雪のせいだ』のシーズン

→電車が止まるほどの、豪雪

と過去のキャッチコピーの予言がピタリと当たっているようです。

Youtubeの再生リストへ

今年の(2017-18)シーズンは、どのような結果になるでしょうか。本サイトでも見守っていきたいと思います。本日も、最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

The following two tabs change content below.
Youtube動画ライブラリー管理人

Youtube動画ライブラリー管理人

Youtubeが大好きな管理人です。学業に励む傍、Youtubeをより楽しめるよう、アニメ・映画・スポーツ・ゲームの主題歌を中心に>>再生リスト<<の作成を行なっています。
AD.
スポンサーリンク