【NHK・民間放送 2006〜2010】オリンピックの歴代テーマソングまとめ第2弾

今回も、『 オリンピックテーマソングを過去3大会分 (2006年・2008年・2010年) 』まとめていきます。NHKだけでなく、民間放送局各社の情報も同時にまとめていきます。

スポンサーリンク



コンテンツ(目次)

 オリンピックテーマソング  (NHK編)

2006年(トリノ)平原 綾香 「誓い」

NHK「トリノ五輪2006」のテーマソングの楽曲です。冬にぴったりな壮大かつロック・フレバーを感じさせるエネルギーに満ちあふれた楽曲です。

2008年(北京) Mr.Children 「GIFT」 

NHK「北京五輪2008」のテーマソングの楽曲です。バンド・サウンドとストリングスが、美しく包容力のあるアンサンブルを奏でています! 。ちなみにミスチルは本曲で初めての紅白出場を決めています。

2010年(バンクーバー) L’Arc〜en〜Ciel 「Bless」 

NHK「バンクーバー五輪2010」のテーマソングの楽曲です。`祝福する`という意味を冠した「BLESS」は、4年に1度のスポーツの祭典を彩る`ウインター・バラード`。歌詞とメロディを聴き込むことで楽曲の心意に触れられる、繊細な曲です。ラルクもこの曲で10年ぶりの紅白出場を決めています。

JOC公式ソング編

2008年(北京)BAND FOR  “SANKA” 「笑ってみせてくれ」

JOC「北京五輪2008」のテーマソングの楽曲です。この曲にさらなる力を与えて欲しいという呼びかけに集まってくれたミュージシャン達がBAND FOR “SANKA”という応援団になって日本代表選手団に本楽曲を届けました。

BAND FOR “SANKA” 笑ってみせてくれ (参加メンバー一覧)
参加アーティスト:中孝介、岡平健治、小田和正、佐藤竹善、佐橋佳幸、トータス松本、平原綾香、藤井フミヤ、BONNIE PINK、松たか子、宮沢和史

オリンピック歴代テーマソング(日本テレビ編)

2006年(トリノ)浜崎あゆみ 「Born ton be・・・」

▼クリックで再生

日テレ「トリノ五輪2006」のテーマソングに起用されました。「Startin’/Born To Be…」という両A面シングルとして販売され、女性アーティスト歴代NO.1のシングル首位数となった曲です。

2008年(北京) 嵐 「風の向こうへ」

▶︎嵐 「風の向こうへ」をYoutubeで検索する。

日テレ「北京五輪2008」のテーマソングに起用されました。シングル「truth/風の向こうへ」の形で販売され、本曲は、夏のスポーツの祭典を盛り上げる、力強い楽曲に仕上がっています。

2010年(バンクーバー)嵐 「揺らせ、今を」

嵐 「揺らせ、今を」をYoutubeにて検索

日テレ「バンクーバー五輪2010」のテーマソングに起用されました。シングル「Troublemaker」のカップリングとして販売された本曲は、メンバーの個性を出しつつ、高めのトーンでさわやかな正統派応援ソングとなっています。

オリンピック歴代テーマソング (TBS編)

2006年(トリノ)小田和正 「まっ白」

TBS「トリノ五輪2006」のテーマソングに起用されました。少しシンミリしていて、これまでの五輪応援歌とは一風違った曲ですが、冬らしさは出ていて良い曲です。

2008年(北京)SMAP「この瞬間(とき)、きっと夢じゃない」

TBS「北京五輪2008」のテーマソングに起用されました。競技に臨む選手たちの力に、少しでもなれるように`というメンバーの願いが込められた曲です。

2010年(バンクーバー)マイケル・ジャクソン「Heal The World」

TBS「バンクーバー五輪2010」のテーマソングに起用されました。マイケル・Jが貧困層救済のために立ち上げた基金と同一名称であるHEAL THE WORLD。争いをやめ世界の実態に目を向けて後世までよい世界を残そうというシンプルなテーマで構成されています。(故)マイケル・ジャクソン氏の柔らかいボーカルが特徴的なバラード曲です。

オリンピック歴代テーマソング (フジテレビ編)

2006年(トリノ)倖田來未 「WIND」

▶︎フルVerの音声動画はこちら

フジTV「トリノ五輪2006」のテーマソングに起用されました。いきなりサビメロから入りますが、そこが印象的な曲です。PVもよくできていて、愛犬のラムちゃんも出ています。

2008年(北京)レミオロメン「もっと遠くへ」

▶︎フルVerの音声動画はこちら

フジTV「北京五輪2008」のテーマソングに起用されました。レミオロメンらしい、熱くパワフルに歌い上げる渾身のバラードとなっています。

2010年(バンクーバー)大塚 愛「LUCKY☆STA」

フジTV「バンクーバー五輪2010」のテーマソングに起用されました。「ライヴの時などに思うことが、選手の方々と通じていれば、こんな風な気持ちになるのでは?と考えながら制作しました」と語る本曲は、PVの映像もなかなか凝っています。

オリンピック歴代テーマソング (テレビ朝日編)

2006年(トリノ)SMAP「Triangle」

朝日TV「トリノ五輪2006」のテーマソングに起用されました。とても深い内容のメッセージ性の強い曲(世界中の人は誰でもみんな同じ価値がある)です。SMAPの中でも、ファンの中では有数の名曲ではないでしょうか。

2008年(北京)福山雅治「HIGHER STAGE」

朝日TV「北京五輪2008」のテーマソングに起用されました。「遠くへ もっと遠くへ飛べ
そこからどんな世界が見えるの行こう ただ風が呼ぶ方へ」というサビの曲です。福山雅治はやっぱりカッコイイ。

2010年(バンクーバー)SMAP「スーパースター」

※音楽動画は現在、捜索中です。

朝日TV「バンクーバー五輪2010」のテーマソングに起用されました。最強で極上のスーパースターを夢見て、気分上昇!人間が、”音、言葉、感情”のコントロールでどのくらいのポジティーヴ・ハイテンションを創ることができるか。軽快なノリの良い曲調です。

オリンピック歴代テーマソング (テレビ東京編)

2006年(トリノ)Crystal kay 「Together」

※音楽動画は現在、捜索中です。

テレビ東京「トリノ五輪2006」のテーマソングに起用されました。日本語歌詞で、軽快でCOOLな曲となっています。

2008年(北京)EXILE 「FLY AWAY」

テレビ東京「北京五輪2008」のテーマソングに起用されました。とても清々しい曲調であり、ストリングスが心地よい伴奏を奏でているのと相まって、本当に、大空を舞うような感覚になり、心が解き放たれる爽やかな曲です。

2010年(バンクーバー)青山テルマ「Believe」

音楽動画は現在、捜索中です。

▶︎青山テルマ「Believe」をYOUTUBEで検索

テレビ東京「バンクーバー五輪2010」のテーマソングに起用されました。ダイナミックなメッセージと青山テルマのヴォーカルの力強さを改めて感じる曲となっています。

まとめ

『オリンピックテーマソングを過去3大会分 (2006年・2008年・2010年) 』まとめてみました。4年に1度の大イベントとだけあって、各放送局とも著名な歌手を起用していますね。

Youtubeの再生リストへ

3年後の東京オリンピック2020では、どの歌手のどの曲がテーマソングとなるのか楽しみですね。本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

関連記事

The following two tabs change content below.
Youtube動画ライブラリー管理人

Youtube動画ライブラリー管理人

Youtubeが大好きな管理人です。学業に励む傍、Youtubeをより楽しめるよう、アニメ・映画・スポーツ・ゲームの主題歌を中心に>>再生リスト<<の作成を行なっています。

フォローする

 この記事も読まれています

本記事を読んだ方に、おすすめの記事(よく読まれている記事)をご紹介しています。



期間限定のエントリーを読む