アニメ「あたしンち」歴代オープニング・エンディングの主題歌・挿入曲まとめ

ファミリーを題材としたアニメは数多くありますが、その一つが『あたしンち』です。

“タチバナ家”の4人を中心に、大人から子どもまで誰もが楽しめる笑いとともに、あなたの毎日にもひそむ、平凡だけど貴重な“しあわせな瞬間”を感じさせてくれるアニメです。

今日は『 あたしンち 歴代オープニング・エンディングの主題歌』をまとめていきます。

 『あたしンち』とは、読売新聞にて連載されていたけらえいこ原作の漫画作品およびそれを元にしたテレビアニメ作品。物語は、無口でマイペースな父、よくも悪くも大雑把で節約志向の母、地味でオクテであり少しドジな高校生のみかん(あたし)、シャイで恋などには疎いが、ナイーブで理論派、堅実な性格の中学生の弟ユズヒコ(通称:ユズピ、ユーちゃん)で構成された「タチバナ家」を中心に展開されている。




あたしンち 歴代OP・ENの主題歌・挿入曲

オープニング(OP)曲4曲。エンディング(EN)曲6曲。挿入曲2曲の順に紹介します。

オープニングテーマ

1. キンモクセイ「さらば」

(2002年4月19日(第1回)- 2005年6月25日(第144回))

作詞・作曲:伊藤俊吾 / 編曲・歌:キンモクセイ(BMG JAPAN)

『あたしンち』初代オープニングテーマ。シングル盤は期間限定生産。歌詞は、こんにちは。ありがとう。さようなら。また会いましょう・・・と続きます。

2. 母・みかん「さらば」

音声動画を再生

(映画第1作オープニング・2004年10月16日のSP)

作詞・作曲:伊藤俊吾 / 編曲:相良まさえ / 歌:母(渡辺久美子)&みかん(折笠富美子)

初代オープニング曲のアレンジカバー版。基本的には、みかんと母の曲であるが、父(緒方賢一)・ユズヒコ(阪口大助)もコーラスで参加しています。こちらはCD発売はされていません。

曲調は、とても明るく、朗らかに。そのメロディは、緩やかに、優しく。
その歌唱は、小泉今日子らしく、アイドルらしく。ホームを歌った、JPOPソングとなっています。

3. 小泉今日子「あたしンちの唄」

(2005年7月2日(第145回)- 2008年12月20日(第297回))

作詞・作曲:浜崎貴司 / 編曲:ヲノサトル / 歌:小泉今日子(ビクターエンタテインメント)

2005年8月27日放送分までは歌手名が「あたし仮面(仮)」と記され正体が隠されていました。CD発売は「K25 小泉今日子 ALL TIME BEST」のボーナストラックとして収録されています。

4. 森三中「プロリンサイズ♪」

(2009年1月17日(第298回)- 2009年9月19日(第330回(最終回))

作詞・作曲:[email protected] / 振り付け:大久保裕美 / 歌:森三中(よしもとアール・アンド・シー)

放送開始日は歌手名テロップに「???」と表示され、誰が歌っているかをその日のエンディングで森三中であると明かさえました。約1か月毎に鍛える部位が変わっていた(歌詞とアニメーションが変わる)が、後にランダムとなりました。3月14日以降はエンディングでも使用されるようになりました。

曲もかわいいのですが、プロリンエクササイズなるダンスにも注目です。

エンディングテーマ

1. 平山あや「来て来てあたしンち」

(2002年4月19日(第1回)- 2005年11月26日(第161回)・2009年9月5日(第328回))

作詞:大地丙太郎 / 作曲:エルガー(『威風堂々』より第一番の中間部の旋律) / 編曲:武藤星児 / 歌:平山あや

四分打ちの80’sディスコっぽいトラックに、大胆にもエルガーの「威風堂々」をモチーフにしたサビのメロディーと、ラップを絡めたノリのいい楽曲。歪んだギターを全面に出した、スピード感あふれるハードロックなトラックです。

2.「LET’S GO!あたしンち」

(2005年12月3日(第162回)- 2007年7月14日(第232回)・2009年9月12日(第329回))

作詞:けらえいこ、井手コウジ / 作曲:井手コウジ / 編曲:鎌田雅人 / 歌:ザ・タチバナーズ(渡辺久美子、折笠富美子、阪口大助、緒方賢一)

基本的には1番目(母のパート)が流れるが、他のパートが流れることもある。第2期ではオープニングとして使用されています。「あたしンちらしい」曲に仕上がっています。

3. キグルミチコ「ほっとっとっとな まいにち」

(2007年7月21日(第233回)- 2009年2月28日(第304回))[8]

作詞:里乃塚玲央 / 作曲・編曲:川嶋可能 / 歌:キグルミチコ(レナ(キグルミ)、清水ミチコ)

4.「プロリンサイズ♪」

▼オープニング曲(4番)を参考

(2009年3月14日(第305回)- 2009年8月29日(第327回))

作詞・作曲:[email protected] / 振り付け:大久保裕美 / 歌:森三中(よしもとアール・アンド・シー)

今までの復習として放送しており、約1カ月毎に鍛える部位が変わる(歌詞が変わる)。DVDでは「ほっとっとっとな まいにち」に差し替えられています。

2009年4月25日-5月16日までは、「みんなのプロリンサイズ♪」として視聴者から投稿されたビデオを紹介しています。

5. キンモクセイ「さらば」

▼初代オープニングテーマを参照

(2009年9月19日(第330回(最終回)))

初代オープニングテーマが、アニメ最終回にエンディングとして使用されました。当時のオープニング映像を、そのまま流用しています。DVDでは「ほっとっとっとなまいにち」に差し替えられています。

6. 矢野顕子「あたしンち」(期間限定)

作詞・作曲・編曲・歌:矢野顕子

劇場版『映画 あたしンち』主題歌。上映開始初期にエンディング曲になりましたが、後期頃になると「来て来てあたしンち」に戻り、ビデオ・DVDでも同曲に差し替えられています。しかし、BS朝日の放送では差し替えずにそのまま放送されました。

アニメ挿入歌

1.「カラオケ天国」

作詞:西脇唯 / 作曲・編曲:HULK / 歌:みかん(折笠富美子)&しみちゃん(的井香織)

初代エンディングテーマ「来て来てあたしンち」のCDのカップリング曲。キャラクターが喫茶店にいる場面のBGMや、テレビから流れる音楽として、この歌が流れる。劇中でみかんが歌うシーンもある。この歌のモチーフ曲はPUFFYのアジアの純真である。

2.「情熱の赤いバラ」

作詞:けらえいこ / 作曲:増田俊郎 / 編曲:長尾ゆうたろう / 歌:母(渡辺久美子)

アニメ中では母の鼻歌としてお馴染みの曲。CD化されるより相当前からJASRACに登録されていた。「Let’s Go! あたしンち」のカップリング曲として収録された。また最初の部分のみだが、情熱の赤いバラは、『ミュータント・タートルズ』(2003年版)の次回予告でミケランジェロが歌っていたことがあります。

あたしンち主題歌の人気ランキング

曲探しの参考までに、『あたしンち』人気な主題歌ランキングを紹介します。本ランキングは、皆様の大手サイトでの歌詞検索、アクセス数(PV数)をもとに本サイトで作成しています(執筆現在)

5位   矢野顕子『あたしンち』 PV数57523

4位  平山綾『来て来てあたしンち』 PV数 67902

3位  ミグルミチコ『ほっとっとっとなまいにち』 PV数 75888

2位 小泉今日子『あたしンち』PV数 82517

1位 伊藤俊吾『さらば』PV数169664

ベスト3は、オープニング曲(OP1、OP2、OP5)がランクイン。その他、『Let’s GO! あたしンち』『情熱の赤いバラ』『カラオケ天国』などの曲が人気のようです。

まとめ

▼あたしンち 公式HPへ(クリックで移動)

『あたしんち 歴代オープニング・エンディングの主題歌』をまとめていきました。

Youtubeの再生リストへ

あたしンちは、第1期が2002年から2009年まで続き、アニマックスにて完全新作となる第2期が2015年から2016年まで放送されていたようです。

しかし、第2期の存在は、意外と知られていないようです。また、2018年現在も作者の<<>けらえいこさん>のサイトにて新作の物語が次々に作られているようです。

(上の画像をクリックするとそのサイトです)

興味がある方は、ぜひご覧になってみてください。

本日も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

The following two tabs change content below.
Youtube動画ライブラリー管理人

Youtube動画ライブラリー管理人

Youtubeが大好きな管理人です。学業に励む傍、Youtubeをより楽しめるよう、音楽・映画・スポーツ・ゲーム動画を中心に>>再生リスト<<の作成を行なっています。
 この記事も読まれています
本記事を読んだ方に、おすすめの記事(よく読まれている記事)をご紹介しています。



 YOUTUBEにて再生リストを作成中

管理人の趣味で 再生リストを作っています。本サイトでは紹介していない再生リストもありますので、どうぞご覧ください。

>>クリックで移動<<

AD.

フォローする

最新のエントリーを読む
AD.