スポーツにおける様々な最速記録を集めてみた。最速のスポーツは一体どれ?

スポーツには、速さを競う競技ではないものがあります(野球やテニスなど)。しかしスポーツの世界では、時としてその速さが注目される”ことがあります。

去年、野球の大谷 翔平選手が投じた165キロという日本新記録は、球場内だけでなく、メディアを通じて多くのファンの心を揺さぶりました。

管理人
スポーツにおいて、速さとは注目に値するものなのです。

そこで今回は『スポーツにおける様々な最速記録 』を集めてみました。

AD.
スポンサーリンク




スポーツにおける様々な最速記録

野球、サッカー、テニスと様々なスポーツがある中で、どのスポーツが最速記録となるのでしょうか。どうぞご覧ください。

1. 競泳界最速 【時速 約8.6km】

競泳界の最速は50m自由形(もちろんクロール)で世界記録を持つセザル・シエロ・フィーリョ選手ではないでしょうか。同選手は50m=20秒91というタイムを持っています。このタイムを時速に換算すると、時速約8.6キロとなります。

2009年セザール選手が出した50m自由形世界新の動画 (2分16秒)

2. 陸上界最速 【時速 約37km】

陸上界の最速は、100m走世界記録保持者のウサイン・ボルト選手ではないでしょうか。100m=9秒58の世界記録を時速に換算すると、時速37~38キロになります。ただし、最大瞬間速度を測っているわけではないので、ご注意です。

↓ウサイン・ボルト選手の世界新記録の動画(45秒)

3. ボウリング界最速 【時速60km ?(推測記録)】

ボウリング界の最速は、PBAプロボーラーのロバート・スミス選手ではないでしょうか。もちろんボーリング競技に公式な最速記録はありませんが、Wikipediaに時速34マイル(約55Km)の豪速球を投げるプロボウラーとして紹介されています。彼がスピードにこだわって投げたら、時速60kmはいくのではないかと推測されています(あくまで噂です)。

管理人
もちろん、ボーリングは速さだけの競技ではないので、速さにこだわったら、もっと怪物がいるかもしれません。 

↓パワーボーラーのロバートスミス選手の動画(3分08秒)

4. バレーボール界最速 【約130km(参考記録)】

バレーボール界の最速(サーブ)は時速約130キロです。2007年W杯にブルガリアのカジースキ選手が記録しました。日本では、越川優選手が時速120キロ台のサーブを連発して、当時日本最速サーバーと言われていましたね。これだけ速いと、素人では触れるのも一苦労ではないでしょうか。

↓海外選手の超高速サーブ(8秒)

5. クリケット界最速 【約161km】

日本では有名ではないが、世界的にはかなり有名なスポーツである「クリケット」。クリケット界の最速記録は、時速161.3キロです(ギネス記録:2003年〜)。2003年のクリケットワールドカップにて、ショアイブ・アクタール選手が記録したものです。

↓世界最速ボウラーシェアイブ選手の投球動画(3分40秒)

6. 野球界最速 【時速169km】

野球界の最速記録は、時速169キロです(ギネス記録:2010年〜)。メジャーリーグに所属するアロディス・チャップリン投手が記録したものです。チャップマン投手は2011年にも時速171キロ(球場での表示)を出しましたが、正式には記録されませんでした。野球はおなじみのスポーツですので、結構知られている裏話かもしれませんね。

管理人
 クリケットや野球は、打った速度の方が大きいのですが、データーがなかった為、投げた速度で記録を出しました。 

↓チャップマンが球場で171km表示させた投球(6秒)

7. アイスホッケー界最速 【時速177.5km】

北米の5大人気プロスポーツであるアイスホッケー。アイスホッケー界の最速記録は、時速177.5キロメートルです(ギネス記録:2011年〜)。ロシアのデニス選手が記録しました。

↓デニス選手の高速ショット動画(51秒)

8. サッカー界最速 【時速183km】

サッカー界の最速は時速183キロです。イングランド・プレミアリーグに所属するディビット・ハースト選手がゴールにシュートした際の時速が183キロであったそうです(ギネス記録:1996年〜)。サッカーボールが時速183キロで飛んできたら、キーパーは恐怖ですね。

↓ハースト選手の強烈シュート35〜36秒あたりです (1分6秒)

9. テニス界最速 【時速263km】

サッカー界の最速は時速263キロです。オーストラリアのサミュエル・グロス選手が記録したものです。(ギネス記録:2012年〜)。テニスにはセルフ・ジャッジといって審判の判定に申し立てを行うことができますが、これだけ球速が早いと、審判の目でも正確に追えないですよね。

↓グロス選手が時速263キロのサーブを放った動画(25秒)

10. ゴルフ界最速【時速349Km】

ゴルフ界最速は時速349キロです(2013年〜:ギネス記録)。これは、アメリカのライアン・ウィンター選手が記録したものです。ドライバーの最大飛距離(ギネス記録:ジャック・ハム選手)は458ヤードらしいのですが、このライアン選手もかなり飛ばすかもしれませんね。

↓ライアン選手のボールスピード・ギネス記録の動画

11. バトミントン界最速 【時速493km】

バトミント界の最速は驚きの時速493キロです(ギネス記録)。マレーシアのタン・ブン選手が記録しました。バトミントンは、球速競技の中でも世界最速のスピードを誇るスポーツです。バトミントンの場合、スマッシュの瞬間速度が非常に早く、それ以降は球(羽根)の空気抵抗で速度が落ちるそうです。そのため、なんとかラリーができるそうです。

↓マレーシアのタン・ブン選手が記録したギネス認定の動画

まとめ

『スポーツにおける様々な最速記録 』を紹介してきました。

今回紹介したスポーツの中では、バトミントンがブッチ切りの1位でした。人間が物理的な衝撃を与えるもので、約500Km近い速度を叩きだすというのは衝撃的です。

各競技と最速記録
各競技 最速記録
競泳界最速  【8.6km】
陸上界最速  【37km】
ボウリング界最速  【60km ?(推測)】
バレーボール界最速  【130km?(参考) 】
クリケット界最速  【161km】
野球界最速  【169km】
アイスホッケー界最速 【177.5km】
サッカー界最速  【183km】
テニス界最速  【263km】
ゴルフ界最速  【349km】
バトミントン界最速  【493km】

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

PS.

関連記事

The following two tabs change content below.
Youtube動画ライブラリー管理人

Youtube動画ライブラリー管理人

Youtubeが大好きな管理人です。学業に励む傍、Youtubeをより楽しめるよう、アニメ・映画・スポーツ・ゲームの主題歌を中心に>>再生リスト<<の作成を行なっています。
AD.
スポンサーリンク