【世界バレー 開幕】全日本バレーボールの過去応援ソングまとめ.Youtubeで聞こう!!

今年9月から「世界バレー」が開催されます。バレーボールのテーマソングといえば、嵐や Hey!Say!JUMP、SexyZoneなどのジャニーズ事務所のメンバーが歌うテーマソングのイメージが強いですよね?。

実際に、そうなのでしょうか・・?。

今回は『バレーボール世界大会の歴代テーマソング』を調べて見ました。

AD.
スポンサーリンク




バレーボール 歴代応援ソング一覧

近年行われる大会の応援ソングから、順にご紹介します。

<近年の大会スケジュール>

1 . グラチャンバレー(2017年 )

2. 世界バレー(2018年 今年)

3. ワールドカップ(2019年)

4. 東京オリンピック(2020年)

※最新の主題歌以外は、動画リンク(タイトルをクリック)をつけています。

1. 『グラチャンバレー』歴史応援ソング

日本テレビ系列「グラチャンバレー」
年度 タイトル アーティスト 開催国
2017年 『「キング&クイーン』 ♪ポルノグラフィティ 日本
2013年 『Dreaming Now!』 ♪倖田來未 日本
2009年 『SHOOTING STAR』 ♪EXILE 日本
2005年 『GLORIA』 ♪KAT-TUN 日本
2001年 『TOMORROW』 ♪ウリナリオールスターズ 日本
1997年 『Shinin’on Shinin’love』 ♪MAX 日本
1993年 『Try Boy, Try Girl』 ♪前田亘輝 日本

出典元:エンタメ&データランキングより

2017年 ポルノグラフィティ『キング&クイーン』

▼ 9月5日開幕!「グラチャンバレー2017」テーマソング ポルノグラフィティの『キング&クイーン』

グラチャンバレー2017のテーマソング。逆境にも負けない力強さと爽やかさが感じられる曲になっています。スポーツが絡んだ曲といえば今まで「Mugen」や「Rainbow」がありましたが、今回は「Rainbow」に近いテイストに仕上がっています。

2013年 倖田來未Dreaming Now!』 

グラチャンバレー2017のテーマソング。エレクトロ系のダンサンブルでカッコイイ楽曲。聞くだけでテンションが上がり元気になれる曲です。

2009年 EXILESHOOTING STAR』 

グラチャンバレー2009のテーマソング。華麗に舞う選手たちの雄姿が浮かんでくるような曲。当時の女子エースの栗原恵(25)やリベロの佐野優子(30)が試合前に聴く“勝負曲”にしているほど、代表選手の間でもEXILE人気は絶大。「歌詞もポジティブな世界観のものに仕上がりました。聴いてくださった皆さんに勇気を与えられるようになれば」とコメントしています。

2005年 KAT-TUN 『GLORIA』

グラチャンバレー2005のテーマソング。Gloria Gloria 今ここに 高らかに 果てしない旅を 歩きだした・・という歌い出しの曲です。

2001年 ウリナリオールスター『TOMORROW』 

グラチャンバレー2001のテーマソング。とても爽やかなメロディーで応援したくなるような曲です。当時のバラエティ番組の「ウッチャンナンチャンのウリナ」に出演していたメンバーが歌っています。

2. 『世界バレー』歴代応援ソング

▼TBS系列
年度 タイトル アーティスト 開催国
2018年 『東京VICTORY』 ♪サザンオールスターズ <男子>イタリア / ブルガリア <女子>日本
2014年 『東京VICTORY』 ♪サザンオールスターズ <男子>ポーランド <女子>イタリア
2010年 『I Wish For You』 ♪EXILE <男子>イタリア <女子>日本
2006年 『Ready!Go!』 ♪WaT <男子>日本 <女子>日本
2002年 『dreams from above』 ♪globe vs push <男子>アルゼンチン <女子>ドイツ
1998年 『ALL MY TRUE LOVE』 ♪SPEED <男子>日本 <女子>日本

出典元:エンタメ&データランキングより

2018/2014年 サザンオールスターズ『東京VICTORY』

▼「東京VICTORY」 サザンオールスターズ

世界バレー2018と2014のテーマソング。東京オリンピック開催で国立競技場周辺が変わってしまうことの寂しさとオリンピックへの期待を歌った曲。メロディーはシンプルですが、バックに繰り返して流れるメロディーがとても印象的で、勇気付けられる応援曲です。

2010年 EXILE 『I Wish For You』

世界バレー2010のテーマソング。明快なポップミュージック。気分が落ちている時などに有効な曲です。ノリノリな気分で何度もリピートして聞くと気分は上々です。

2006年 waT『Ready! GO!』

世界バレー2009のテーマソングスポーツの歌なので、明るくて、元気な感じの歌だと思います。サビの部分は、口ずさみやすいというか、覚えやすくて良いと思います。聞いていると元気が出てきます。

2002年 globe vs push 『dreams from above』

世界バレー2002のテーマソング。世界のWタッグ トランスの誕生。ベルギーの貴公子 PUSHと世界の小室哲哉がglobeの媒体を通じて作曲しました。

3. 『ワールドカップバレー』歴代応援ソング

フジテレビ系列「ワールドカップバレー」
年度 タイトル アーティスト 開催国
2015年 『Cha-Cha-Cha チャンピオン』 ♪Sexy Zone 日本
2011年 『Sexy Zone』 ♪Sexy Zone 日本
2007年 『Ultra Music Power』 ♪Hey!Say!JUMP 日本
2003年 『NEWSニッポン』 ♪NEWS 日本
1999年 『A・RA・SHI』 ♪嵐 日本
1995年 『MUSIC FOR THE PEOPLE』 ♪V6 日本
1991年 『ファイト!!』 ♪森高千里 日本
1989年 『Special To Me』 ♪Wink 日本
1985年 『Touch Me』 ♪松田聖子 日本
1977年 『また逢う日まで』 ♪尾崎紀世彦 日本

出典元:エンタメ&データランキングより

2015年 Sexy ZoneCha-Cha-Cha チャンピオン』 

▼ Cha-Cha-Cha チャンピオン(クリックで再生)

ワールドカップバレー2015のテーマソング。スポーツの祭典にふさわしい、手拍子が綺麗に入り、気分が上がる曲です。セクシーファミリーも加わって、セクシーゾーン戦隊の歌とダンスパフォーマンスは志気をあげてくれます。

2011年  SexyZone 『Sexy Zone

▼ SexyZone HEY!HEY!HEY!初登場(クリックで再生)

ワールドカップバレー2011のテーマソング。SexyZoneのデビュー曲.スペシャルサポーターを一生懸命務めていた彼らのキャッチーなメロディーと、サビの部分の体全体を使って腕を回す振り付けに新鮮さを感じます。

2007年 Hey!Say!JUMP 『Ultra Music Power』

▼ Hey!Say!JUMP 少クラ 「ultra music power」

ワールドカップバレー2007のテーマソング。歌はやっぱり応援歌なのでポジティブな歌詞で元気が出そうな歌になっていますね。「Jumping to my  herat」というサビの部分が盛り上がります。

2003年 NEWS 『NEWSニッポン』

ワールドカップバレー2003のテーマソング。今となっては幻となったNEWSのデビューシングルです。。デビュー当時は9人もいたメンバーも今や4人で頑張ってますね。まだ幼い手越くんや加藤くんがも必見です。楽曲も今だに古さを感じさせず、ノリも良く、聴くと元気が湧いてきます。

4. 『オリンピック予選 』歴代応援ソング

▼フジテレビ/TBS系列「五輪世界最終予選(OQT)
年度 タイトル アーティスト 開催国
2016年 『勝利の日まで』 ♪Sexy Zone 日本
(リオデジャネイロ五輪予選)
2012年 『キミのため ボクがいる』 ♪Sexy Zone ドイツ / ポルトガル / 日本
(ロンドン五輪予選)
2008年
  『Dreams come true』
♪Hey!Say!JUMP ポルトガル / スペイン / 日本
(北京五輪予選)
2004年 『希望~Yell~』 ♪NEWS 日本
(アテネ五輪予選)
2000年 『でっかい宇宙に愛がある』 ♪モーニング娘。 日本
(シドニー五輪予選)
1996年 『BEAT YOUR HEART』 ♪V6 日本
(アトランタ五輪予選)

出典元:エンタメ&データランキングより

2016年 Sexy Zone 『勝利の日まで』

▼勝利の日までフル

オリンピック予選2016のテーマソング。タイトルに「勝利」の字が入っていて、メンバーの佐藤勝利の時代がきたんだとファンの間では、大変盛り上がりました。ちなみにタイトルはジャニー喜多川社長自ら命名したそうです。

2012年 Sexy Zoneキミのため ボクがいる

オリンピック予選2012のテーマソング。この歌は佐藤勝利くん作詞の一曲となっています。君のため 僕がいる. 世界をひとつにするんだろう Dreams come true. つなごう 強いチカラで.という歌詞です。

2008年 Sexy Zone『Dreams come true 』 

オリンピック予選2008のテーマソング。

2004年 NEWS 『希望~Yell~』 

▼希望 ~Yell~(クリックで再生)

オリンピック予選2004のテーマソング。NEWSのメジャーデビュー曲です。この曲は本当に覚えやすくて、私は気がつけば口ずさんでいます。もう頭から離れない!!振りも簡単なので、歌いながら手も動かしてしまいそうです。

2000年 モーニング娘『でっかい宇宙に愛がある』

オリンピック予選2000のテーマソング。本曲は、モーニングが初めて24時間テレビのパーソナリティーを務めた2001年につんく♂が24時間テレビの為に作った作品でもあります。

まとめ

▼世界バレー2018(クリックで移動)

今回は『バレーボール世界大会の歴代テーマソング』を紹介しました。

今回冒頭に嵐や Hey!Say!JUMP、SexyZoneなどのジャニーズの歌手が多いと述べましたが、近年のワールドカップバレー・オリンピック予選意外では、多くのアーティスト達が、応援ソングを担当していることがわかりましたね。(管理人の偏見でした。)

9月に開幕する『世界バレー』は、TVで放映されるほどの人気の大会ですが、選手のプレーだけでなく、選手を支える応援ソングにも、ぜひとも注目したいですね。

Youtubeの再生リストへ

本日は、以上になります。最後までご覧いただき、まことにありがとうございました。

PS.

高校バレーの重要な大会である春高バレーのテーマソングは、V6,嵐,NEWS, Hey!  Say! Jump! ,Sexy Zoneと歴代で数多くのジャニーズグループが担当しています。

関連記事

The following two tabs change content below.
Youtube動画ライブラリー管理人

Youtube動画ライブラリー管理人

Youtubeが大好きな管理人です。学業に励む傍、Youtubeをより楽しめるよう、アニメ・映画・スポーツ・ゲームの主題歌を中心に>>再生リスト<<の作成を行なっています。
AD.
スポンサーリンク




コメント

  1. バボ より:

    ちょうど探していました。ありがとうございます^_^。

    バレーの世界大会って複雑で、いつも大会が混乱してしまいます。

    今年のグラチャンバレー、ワールドバレー、世界バレー、五輪バレー以外にも、何か大会がありませんでしたっけ。

    • Youtube動画ライブラリー管理人 Youtube動画ライブラリー管理人 より:

       

      バレーボール 歴代応援ソング一覧

      リクエストにお答えして、大会の種類について、簡単に調べていました。🔗公共財団法人 日本バレーボール協会によると国際大会の位置付けは、以下のようになっています。

      1. ワールドグランドチャンピオンズカップ(グラチャンバレー)

      ワールドグランドチャンピオンズカップ

      2013年大会ロゴ

      位置づけ
      国際バレーボール連盟(FIVB)公認の世界4大大会の1つで、4年に1度オリンピックの翌年に開催される。4大陸(※)の代表4チームと開催国、推薦国(ワイルドカード)の6チームで競われる。
      ※前年に開催されたオリンピックで最終順位上位4大陸が大陸出場枠を獲得。
      出場国数
      男女とも6チーム、合計12チーム。
      開催周期
      4年に1度、オリンピックの翌年に開催。
      歴史
      1993年の第1回大会よりすべての大会が日本で開催されており、2017年大会が7回目の開催。

      2. 世界選手権(世界バレー)

      世界選手権

      2014年女子大会ロゴ

      位置づけ
      バレーボール界の頂点に位置する大会。サッカーのワールドカップ、陸上でいえば世界陸上に匹敵する権威と伝統がある。国際オリンピック委員会(IOC)加盟国を上回る国際バレーボール連盟(FIVB)に加盟する約220の国と地域に、参加への平等な機会が与えられている。たとえオリンピック優勝国であろうとも予選会からの出場となるほどの過酷な大会。
      出場国数
      男女とも24チーム、合計48チーム。
      開催周期
      4年に1度、オリンピックの中間年に開催。
      予選会
      1年余りを費やして各大陸で予選会を行い、出場チームを決定する。本大会と合わせると約2年間に及ぶ世界決戦になる。
      歴史
      男子は1949年、女子は1952年に始まり、バレーボール界では五輪をしのぐ歴史と伝統がある。

      3. ワールドカップ

      ワールドカップ

      2015年大会ロゴ

      位置づけ
      ワールドカップが始まったのは、男子が1965年、女子が1973年。世界選手権やオリンピックに比べると歴史が浅いものの、上位チームには翌年開催のオリンピックの出場権が与えられることから、各大陸の出場チームによる熱戦が繰り広げられる。
      出場国数
      男女とも12チーム、合計24チーム。
      開催周期
      4年に1度、オリンピックの前年に開催。
      予選会
      各大陸で行われる大陸選手権やワールドカップ予選会を経て出場チームを決定する。
      歴史
      男子は1965年、女子は1973年に始まり、1977年から日本で継続して開催。

      4. オリンピック

      オリンピック
      位置づけ
      国際オリンピック委員会(IOC)が主催するスポーツの祭典。バレーボール競技は男女とも12チームが出場する。出場権は開催国のほかに5大陸代表各1チーム、ワールドカップ上位チーム(リオデジャネイロ大会では2チーム)、オリンピック開催年に行われる予選会を勝ち抜いたチーム(リオデジャネイロ大会では4チーム)に与えられる。バレーボール競技は1964年の東京大会から正式種目に採用された。
      出場国数
      男女とも12チーム、合計24チーム。
      開催周期
      4年に1度開催。
      予選会
      前年に開催されるワールドカップ(リオデジャネイロ大会では上位2チームが出場権獲得)、各大陸で行われる大陸予選、世界最終予選が予選会となる。
      歴史
      1964年の東京五輪で男女とも正式種目に採用され、2020年東京オリンピックが15回目。

      5. ワールドリーグ

      ワールドリーグ
      位置づけ
      国際バレーボール連盟(FIVB)が男子バレーボールの世界トップチームが参加するリーグ戦として1990年に創設。8チームによるリーグ戦からスタートした本大会も、27回目の開催となった2016年大会からは参加チーム数が36チームに拡大。出場チームは3つのグループに分けられ、各グループにて予選ラウンドと決勝ラウンド(グループ1はファイナル6、グループ2・3はファイナル4)を行い、各グループで優勝チームを決定する。
      出場国数
      男子のみ36チーム。
      開催周期
      毎年開催。
      歴史
      1990年に始まり、2017年大会で28回目の開催。

      6. ワールドグランプリ

      ワールドグランプリ
      位置づけ
      国際バレーボール連盟(FIVB)がアジアでのバレーボールの発展を目的として1993年に創設。男子のワールドリーグと同様、歴史を重ねるごとに参加チーム数が拡大し、25回目の開催となる2017年大会には、5つの大陸から史上最多となる32チームが出場する。出場チームは3つのグループに分けられ、各グループにて予選ラウンドと決勝ラウンド(グループ1はファイナル6、グループ2・3はファイナル4)を行い、各グループで優勝チームを決定する。
      出場国数
      女子のみ32チーム。
      開催周期
      毎年開催
      歴史
      1993年に始まり、2017年大会で25回目の開催。

      以上の6つの世界大会があります。毎年開催されるのがワールドリーグ(男子大会)とワールドグランプリ(女子大会)。4年に1度に開催されるのがグラチャンバレー、世界バレー、ワールドカップです。