「 TAKURO (GLAY) 」資産データ徹底調査 -年収・収入・ギャラなど-

2024年4月19日日産

有名人の資産データを独自に集計・調査したサイトへようこそ。

 

有名人の収入が気になる、住んでいる家、持っている車が気になるといった資産に関するデータを集めました。

 

今回の調査対象は 「 TAKURO 」さんです。




+続きを表示 で詳しい内容がわかります!

注意
  • 有名人の資産情報は一般公開されてません
  • 芸能メディア等の推測情報に基づきます
  • 噂(ネタ)程度にお楽しみください

「 TAKURO (GLAY) 」のプロフィール

「 TAKURO 」さんのプロフィールは以下の通りです。

顔写真
タレント名TAKURO
生年月日1971年5月26日
出身北海道 函館市
職業歌手
続きを表示

プロフィールトピック

■ TAKURO プロフィール

TAKUROは、北海道函館市出身のミュージシャン、ロックバンド・GLAYのギタリスト、キーボーディスト。同バンドのリーダーを務めている。loversoul music & associates代表取締役。 本名は久保 琢郎。北海道函館稜北高等学校卒業。身長182cm。血液型はO型。妻はモデルの岩堀せり。2児の父。

 

■ TAKURO 全盛期は?

(写真)全盛期は1回で20万人動員したライブを開催

GLAYの音楽活動で全盛期を迎えたのは、1990年代後半から2000年代初頭にかけての時期でした。この時期、GLAYは日本の音楽シーンに大きな影響を与え、多くのヒット曲を生み出しました。特に、1997年にリリースされたベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』は、累計売上枚数は480万枚。日本のロックシーンにおける名盤として知られており、TAKUROの作詞による多くのヒット曲が収録されています。

「 TAKURO (GLAY) 」の収入・年収

「 TAKURO 」さんの収入・年収は、

 推定 24243 万円(2.4243 億円)  です。

 

日本人の平均年収の 約 60.0 倍 稼いでいます。

 

また、同業界プロの平均年収よりも稼いでいます。

 

年収比較表
(単位:万円)

TAKURO

24243

日本人

402

歌手

350

音楽家

500

 

推定年収 (’2004)平均年収の何倍
24243 万円 / 2.4243 億円約 60.0 倍
続きを表示

収入トピック

■歌手(バンドマン・ユニット)の年収・収入事情

 

 

歌手(バンド・ユニット)平均年収は200万円から300万円(統計の取り方で大きく変わる)ですが、ピンキリです。大きなヒットを生み出すことが出来れば、億を越える大きな収入が得られるケースもあり、夢のある職業です。一方で音楽活動での収入が100万円以下の歌手または演奏メンバーも多くいます。歌手という職業全体でみても、バンドやユニットという多人数の形式は、収入面では、平均を下回ると考えられます。

 

音源販売やライブの売上などが主な収入源ですが、メンバー間で収益を分けることになるため、人数が多いほど、1人が受け取れる金額は少なくなります。そのため同じ位売れている場合、ソロミュージシャンの方が高収入であることが一般的です。また楽曲作成を特定のメンバーが行っている場合、メンバー間で大きな収入格差が生まれるケースも存在します。楽曲を作成しているメンバーは、ヒットに応じて印税収入を手にすることが出来るためです。過去の高額納税番付においても、メンバー間の格差が反映されています。

 

【歌手の主な収入形態】

  1. ヒット曲の数と人気度: ヒット曲が多く、人気があるほど、CDの売上やライブの集客が増えるため収入が増える傾向があります。
  2. ライブ活動: ライブやコンサートの開催で収入を得ることが一般的です。集客力やチケットの価格、開催頻度などが影響します。
  3. メディア露出: テレビやラジオなどのメディアへの出演やCMなどの仕事も収入源になります。
  4. 特別イベントや講演: 特定のイベントや講演の出演料も一部の歌手にとって収入源となります。
  5. レコード会社との契約条件: 契約の内容によっては、アーティストの売上から一定の割合が歌手に支払われる場合があります。
  6. 特許権や著作権: 自作曲や作詞などの著作権や特許権によって、収入を得る場合があります。

 

※人気バンドで例を出せば、ミスターチルドレンの作詞・作曲・ボーカルをつとめる桜井和寿さんの2003年納税額 が、1億1407万円。その他メンバー(鈴木さん、中川さん、田原さん)の納税額が、2150万円前後。同様にサザンオールスターズの作詞・作曲・ボーカルをつとめる桑田佳祐さんの2003年納税額 が、1億4955万円。その他メンバー(関口さん、松田さん、原さん、野沢さん)はギャラが統一で、納税額は、2000万前後。メンバー間で、収入格差があることが分かっています。

 

※一方で、 B’Zやゆず、DREAMS COME TRUEのように、作詞・作曲を分担、または共同で行っている場合は、メンバー間で格差が少なく、ほぼ同じ収入を得ているようです。また大人数ユニットで、作詞、作曲、プロモーション等を外部に任せている場合、売上が良好であっても、収入面では大きく稼ぐことはできません。アイドルユニットや、ダンスユニットなど事務所が全面プロデュースするユニットなどは、売れていても、メンバーの収入面はあまり多くはありません。

 

■ GLAY TAKURO 推定年収は?

(写真)「GLAY」のTAKUROさん

TAKUROさんの推定年収は、全盛期は最低でも5億円以上。

 

近年でも数億円と高額な年収を得ていると考えられます。

 

GLAYは、1994年のメジャーデビュー以降、バンドとしてCDセールス、ライブ動員数など日本の音楽シーンをリードし続け、数々の金字塔を打ち立ててきました。全盛期のセールスから推測される年収額は、10億円とも20億円とも推測されていますが、当時の所属事務所からの搾取もあり、詳しい金額は不明です。

 

■ GLAY TAKURO 収入・収入源は?

TAKUROさんの収入源は、音楽活動が中心です。過去に作詞作曲した楽曲からの印税収入、アーティスト活動を通した出演料等が主な収入源です。

 

また自身が代表取締役を務める会社「loversoul music & associates」で、社長業を行っています。同社では、アーティストのプロデュースや楽曲提供を行っているそうです。

 

GLAYのYouTubeチャンネルから得られる総収入は、約6000万円。これを直近1年間で分析すると、年収は約845万6793円と見られています。

 

GLAYのファン層がデジタル世代ではないため一概にはいえませんが、近年人気のアーティストと比較すると、人気はそこそこといった数字です。

 

■ GLAY TAKURO 出演料・ギャラは?

TAKUROさんの出演料やギャラについては公表されていません。GLAYの人気や実績、TAKUROの活動歴を考慮すると、高額なギャラを得ていると思われます。

 

TAKUROさんは音楽活動以外でも、テレビ番組やラジオ番組などに出演することがあります。

 

■ GLAY TAKURO 最近のお仕事は?

(写真)GLAY ライブ 2024年

 

TAKUROさんはGLAYでの活動に加えて、他のアーティストをプロデュースしたり、楽曲提供などを行っています。

 

GLAYの活動としては、2022年(オンラインライブ)、2023年(通常のライブ)開催されました。GLAYとしてリリースする楽曲は、現在でも年間数曲(3~5曲)あり、大型タイアップが多いです。

 

またソロアーティストとしても活躍していて、自身が経営する事務所「LOVERSoul Music & Associates」のアーティストの作品制作に携わったり、コンサート企画のプロデュースを手がけています。

 

■ 過去の納税額から導かれる推定年収

(写真) 伝説の20万人有料ライブ

TAKUROさんの推定年収 】

  • 年度 / 順位 / 年収額(万円)
  • 2000 / 14位 / 24171
  • 2001 / 16位 / 24333
  • 2002 / 12位 / 24192
  • 2003 / 11位 / 24189
  • 2004 / 13位 / 24243

関連記事 高額納税額 (1983年~2004年)

※ 自治体から公表されたデータに基づいています

TAKUROさんは、2000年代に入り、高額納税者番付でランクイン。当時の推定年収額は、約2.4億円

 

当時はGLAYの全盛期。1999年に『GLAY EXPO ’99 SURVIVAL』では単独アーティストによる有料ライブの世界記録となる20万人を動員するなど、社会現象を巻き起こしています。

 

1999年の千葉・幕張でのライブ以降も「GLAY EXPO」と題し、2001年には東京、2日間で10万人、北海道で10万人、福岡では8万人。2004年には、大阪で10万人。当時のライブ動員記録を次々と塗り替えています。また、日本国外でもライブを開催するなど、根強い人気がありました。

 

TAKUROさんの納税額はほぼ一定額で推移。自身が法人をつとめる事務所から定額を役員報酬として受け取っていたと考えられます。

 

そのため実際の収入は、もっと高額であったことは確かでしょう。

 

■ (参考)GLAYメンバーは事務所に搾取されていた

(写真)GLAYメンバーの4人

TAKUROさんを中心としたGLAYメンバーは、当時の属事務所に搾取されていました。

 

GLAYが作成した曲の権利(計147曲)は、当時の事務所が全て所有。印税配分もひどい契約だったようです。

 

(1994年デビュー)2005年に事務所から独立後も、自分たちが過去に作った楽曲をライブ等で用いる場合、事務所に使用料を払って使っていたそうです。

 

2009年に業を煮やしたGLAYメンバー(TAKUROさん)は、元所属事務所を裁判で訴えます。

 

結果は勝訴。曲の権利とともに、計6億7000万円の賠償金を受け取っています。

 

現在では活躍に見合った報酬を受け取っているGLAYですが、当時は所属事務所による搾取もあり、活躍に応じた収入を得られていなかったようです。

 

曲を作っているTAKUROさん(※)以外のメンバーであっても、数千万円規模で納税(ランキング圏外)。1億円をゆうに超える収入があったと推測できます。

 

いかにGLAYの全盛期が売れていたのかが伝わってくるエピソードです。

 

※ 前述の通り、TAKUROさんの納税額から導かれる年収は、推定2.4億円。実際はもっと大きかったと考えられています。

「 TAKURO 」の自宅・マンション・実家

「 TAKURO 」さんの自宅・マンションは、

 アメリカの自宅  だとされています。

アメリカの自宅

自宅写真
自宅の場所自宅の価格
アメリカ・ロサンゼルス推定 不明
続きを表示

家トピック

■ TAKURO さんの自宅

(写真)TAKUROさん自宅内部

GLAYのTAKUROさんは、2018年からはアメリカ・ロサンゼルスに拠点を置いています。

 

自宅は過去にファッション&ライフスタイル雑誌『otona MUSE』8月号(宝島社)で公開。

 

おしゃれで現代的な内装をしていて、110坪超えです。1921年に建設された家で、リノベーションされた状態で売られていたところ一目ぼれして購入に至ったようです。

 

自宅にはTAKUROさんや、妻でモデルの岩堀さんやの友人たちが訪れ、庭でバーベキューを楽しむこともあるとのことです。

 

■ TAKURO さんの実家

TAKUROさんの実家は、北海道の函館。函館山の北側で、高台に外人墓地がある入舟町(いりふねちょう)にありました。

「 TAKURO (GLAY) 」の車

「 TAKURO」さんは、

 日産 を持っているとされています。

日産・スカイライン

6代目R30型、中古車、初めて買った車。

車写真
ブランド日産
名称スカイライン
新車価格日産・スカイライン
日本

日産・シルビア Q’s

・5代目S13型、車体色:黒、中古車、スカイラインから乗り換え。

車写真
ブランド日産
名称シルビア Q’s
新車価格中古で65万~330万
日本
続きを表示

車トピック

■ GLAY TAKURO 運転免許は持っている?

GLAYのTAKUROさんは、運転免許を所持しています

 

自身のブログでも運転の様子を度々紹介しており、ライブツアーの移動手段としても自ら運転することがあるようです。また、自動車雑誌のインタビューでも、車好きであることを公言しています。

 

過去の愛車に関しては、ミュージシャン・TOKIさんが言及していて、日産・スカイライン日産・スカイラインシルビア Q’sを所有していることが明らかとなっています。

「 TAKURO (GLAY) 」の資産まとめ

「 TAKURO 」さんは、

あーちゃん
S : 超金持ちです。 

 

収入・家・車・アクセサリー類を集計した

 推定総資産は5億円以上  です。

 

※ 日本人1000人の中で、上位1人か2人が持つ資産です。

 

分類総資産額人口割合
S : 超金持ち5億円以上0.16%
A : 金持ち1-5億円2.20%
B : 小金持ち5000万-1億円6.00%
C : 豊かな一般人3000万-5000万13.40%
D : 一般人3000万以下78.24%
続きを表示

総資産トピック

■ GLAY TAKURO 資産は?

GLAYのTAKUROさんの具体的な資産額については明かされていません。

 

過去の納税記録から、全盛期の推定年収は、ほぼ横ばいで2.5億円前後。自身が所有する資産や業界関係者からのリーク情報などを考慮すると、実際の年収と比べて低いですが、当時の事務所からの搾取が原因かもしれませんね。

 

GLAYのほとんどの曲を作詞作曲しているTAKUROさん。ライブなど大きなイベントを実施していない年でも、多額の印税収入が得られるでしょう。現在でもGLAYの活動を続けつつ、他アーティストのプロデュスや楽曲提供を手掛けています。

 

GLAYメンバーの中でも圧倒的に収入・資産が多い可能性があります。

 

■ (参考)国内アーティスト歴代総売上ランキング

(写真)歴代総売上ランキング上位10(2021年度版)

  • 1位 約8,300万 B’z
  • 2位 約6,300万 AKB48
  • 3位 約6000万 Mr.Children
  • 4位 約5000万 浜崎あゆみ
  • 5位 約5000万 サザンオールスターズ
  • 6位 約4500万 DREAM COME TRUE
  • 7位 約4300万 嵐
  • 8位 約4000万 松任谷由美 
  • 9位 約3900万 GLAY
  • 10位 約3800万 ZARD

国内では、アルバム・シングルの総売り上げが9番に大きいアーティストがGLAYです。

 

GLAYの楽曲は、主にTAKUROさんに作成されているので、売上に応じて入ってくる印税収入も大きいでしょう

 

これだけ多くの人に影響を与えているので、大きな資産を築いても不思議ではありません。

 

関連記事 歴代CD売上 (シングル)

関連記事 歴代CD売上 (アルバム)

※ミリオンセラーを記録したCDの一覧です。GLAYの作品が何曲もランクインしてます。

 

■ (参考)有名人の生涯年収ランキングで86位にランクイン

  • 1位 96億6270万円 小室哲哉
  • 2位 74億1447万円 石橋貴明(とんねるず)
  • 3位 69億3780万円 桑田佳祐(サザンオールスターズ)
  • 4位 64億4151万円 稲葉浩志(B’z)
  • 5位 62億1399万円 松本孝弘(B’z)
  • …<省略>…
  • 85位 14億0130万円  TAKURO(GLAY)

1985年~2004年までの20年間の 「芸能人_生涯収入ランキング100」という名目で、昼の情報番組「ミヤネ屋」でとりあげられたランキングの結果です。

 

TAKUROさんは、GLAYメンバーの中で唯一(86位に) ランクインです

 

GLAYは1994年にメジャーデビュー。2004年までの10年間で約14億円の収入

 

うち多くはブームとなった2000年前後の数年で稼いだ収入でしょう。平均して年間1.4億円の収入があったようです。

【 注意 】執筆時時点での情報です。信憑性の低い情報も含みます。【 参考資料 】タレントデータバンク/野村総合研究所の「資本家」定義/民間給与実態統計調査 – 国税庁(2020年度)/全国・マンションハウスメーカーカタログ/自動車メーカ公式カタログ/ 各種週刊誌/他省略‥

次におすすめ!「 歌手(バンド・ユニット) 」トップの年収・収入・ギャラは?

有名人 資産データ
「 桑田 佳祐 (サザン) 」

1位 👑 推定年収

5.0億円

(’20年度)
「 松本孝弘 (B’z) 」2位 👑 推定年収

3.8739億円

(’2004)
「 桜井 和寿 (ミスチル) 」3位 👑 推定年収

3.0億円

(’20年度)
「 北川悠仁 (ゆず) 」 4位 👑 推定年収

2.6709億円

(’2001)

歌手(バンド・ユニット)日産

Posted by 管理人