「 堀井雄二 (ゲームデザイナー) 」資産データ徹底調査 -年収・家・車など-

2023年11月27日

有名人の資産データを独自に集計・調査したサイトへようこそ。

 

有名人の収入が気になる、住んでいる家、持っている車が気になるといった資産に関するデータを集めました。

 

今回の調査対象は 「 堀井雄二 」さんです。




+続きを表示 で詳しい内容がわかります!

注意
  • 有名人の資産情報は一般公開されてません
  • 芸能メディア等の推測情報に基づきます
  • 噂(ネタ)程度にお楽しみください

「 堀井雄二 」のプロフィール

「 堀井雄二 」さんのプロフィールは以下の通りです。

顔写真
タレント名堀井雄二
生年月日1954年1月6日
出身兵庫県 洲本市
職業ゲームデザイナー
続きを表示

プロフィールトピック

■ 堀井雄二 さんのプロフィール

堀井 雄二は、兵庫県洲本市出身のゲームデザイナー、作家、アーマープロジェクト代表取締役。『ドラゴンクエストシリーズ』の生みの親、シナリオライターである。愛称は「ゆうてい」。

 

■ 堀井雄二 さんの経歴

(写真)ドラゴンクエストシリーズが大ヒット

早稲田大学を卒業後、フリーライターとして『週刊少年ジャンプ』などに記事を書いていた。1981年にパソコンを購入しPCゲームの虜となり、後にプログラミングを習得しゲームを自作し始めた。1982年に『週刊少年ジャンプ』の編集者である鳥嶋和彦からエニックスの「第1回ゲーム・ホビープログラムコンテスト」の取材を依頼された際、自作の『ラブマッチテニス』を応募して入選プログラム賞を受賞する。この時の受賞者には『森田将棋』で優勝した森田和郎や、後にチュンソフトを設立する中村光一がいた。これが切っ掛けで本格的にゲーム製作を始める。

 

1983年にアドベンチャーゲーム『ポートピア連続殺人事件』を開発。その後アドベンチャーゲームを幾つか手掛けた後、当時マイナーだったRPGに目をつける。そして、1986年にファミリーコンピュータ用ゲームソフト『ドラゴンクエスト』を発表する。その後、ドラゴンクエストシリーズは国民的RPGとして人気を博し、現在までにシリーズ累計出荷数と配信数は7,500万本を超えている(2017年時点)。

「 堀井雄二 」の収入・年収

「 堀井雄二 」さんの収入・年収は、

 推定 21819 万円(2.18 億円)  です。

 

日本人の平均年収の 約 54.5 倍 稼いでいます。

 

また、同業界プロの平均年収よりも稼いでいます。

 

年収比較表
(単位:万円)

堀井雄二

21819

日本人

402

ゲームデザイナー

500

プロデューサー

500

 

推定年収 (’2004)平均年収の何倍
21819 万円 / 2.18 億円約 54.5 倍
続きを表示

収入トピック

■ 納税額に基づいた推定年収

堀井雄二 (ゲームデザイナー)さんの推定年収 】

  • 年度 / 順位 / 年収額 (万円)
  • 1995 / 20位 / 24123
  • 1996 / 18位 / 25485
  • 1997 / 16位 / 26316
  • 1998 / 19位 / 25302
  • 1999 / 16位 / 25785
  • 2000 / 12位 / 32250
  • 2001 / 10位 / 30318
  • 2003 / 20位 / 21678
  • 2004 / 17位 / 21819

関連記事 高額納税額 (1983年~2004年)

※ 自治体から公表されたデータに基づいています

堀井雄二さんは、1995年~2004年に高額納税者リストにランクインしています。当時の推定年収は、2.2億円~3.2億円です。

 

1986年5月27日に発売されたRPG『ドラゴンクエスト』が大ヒット。その後の続編も次々とヒットを記録して人気コンテンツとなりました。

 

ナンバリングタイトルは第11作目(2019年現在)まで発売されています。

 

ゲームデザイナーの堀井さんを中心として製作されていたことから、高い収入を得られていたようです。

 

1990年代後半以降は、高額納税者として毎年ランクイン。当時は数億円規模の収入があったと考えられています

 

■ 堀井雄二さんの年収

(写真)世界的に著名なクリエイターとして活躍

高額納税者が公表されていた時代の年収は、安定して2~3億円

 

2008年には、ふるさと納税の制度を利用して洲本市に950万円を寄付。

 

年収2.5億円の人のふるさと納税限度額が大体それくらいなので、最低でも2008年度の推定年収は、2.5億円

 

その他自治体にも納税していたり、限度額を越えずにふるさと納税しているとも考えられるので、それあってもおかしくはありません。

 

『ドラゴンクエスト』シリーズは、単なるゲーム作品に留まらずに、アニメ化、映画化、グッツ化、各種商品やイベントとのタイアップなどもあり、そこから得られる商標使用料も高額でしょう。

 

生みの親である堀井さんにも収益の一部が配分されているため、販売から20年以上経過しても、最低でも2~3億円の収入があったのでしょう。

 

現在でも衰えない人気作品ですので、当時と同規模かそれ以上に高額な収入があると考えられます。

 

■ 堀井雄二さんの近年の主な仕事

堀井雄二さんは現在、アーマープロジェクトの代表取締役を勤めています。

 

本人のSNSを拝見する限り、近年でも様々なメディアやイベントに顔を出すなど精力的に活動しています。

デザイナー

Posted by 管理人