「 ジャイアント馬場 (プロレスラー) 」資産データ徹底調査 -年収・家・車など-

2024年2月8日キャデラック,ワンピース

有名人の資産データを独自に集計・調査したサイトへようこそ。

 

有名人の収入が気になる、住んでいる家、持っている車が気になるといった資産に関するデータを集めました。

 

今回の調査対象は 「 ジャイアント馬場 」さんです。




+続きを表示 で詳しい内容がわかります!

注意
  • 有名人の資産情報は一般公開されてません
  • 芸能メディア等の推測情報に基づきます
  • 噂(ネタ)程度にお楽しみください

「 ジャイアント馬場 」のプロフィール

「 ジャイアント馬場 」さんのプロフィールは以下の通りです。

顔写真
タレント名ジャイアント馬場
生年月日1938年1月23日
出身新潟県 三条市
職業プロレスラー
続きを表示

プロフィールトピック

■ジャイアント馬場 プロフィール

ジャイアント馬場は、日本のプロレスラー、タレント、元プロ野球選手。本名および旧リングネーム・プロ野球選手時代の登録名は馬場 正平。

 

■ジャイアント馬場 経歴

(写真)ジャイアント馬場の野球選手時代

高校時代は野球と卓球の選手、昭和29年投手として巨人に入団し、大洋にテスト生として入団するが、キャンプ中に転倒、腕を負傷したため選手生命を絶たれた。35年プロレスに転向、力道山門下に入る。

 

36〜39年2度米国へ武者修業に出かけ、帰国後の40年インターナショナル・ヘビー級の王座につく。47年独立して全日本プロレスリングを創設、アントニオ猪木らとともに黄金時代を築いた。

 

48年PWFヘビー級、49年NWA世界ヘビー級のチャンピオンとなり、日本マット界の大黒柱となった。平成5年4月5000試合出場を達成。209センチ、140キロの巨体から繰り出す16文キックなどの得意技で人気を得た。還暦を過ぎてもリングにあがり、生涯現役レスラーとして活躍した。また、ユニークなキャラクターで親しまれ、クイズ番組やCMなどにも数多く出演した。

「 ジャイアント馬場 」の収入・年収

「 ジャイアント馬場 」さんの収入・年収は、

 推定 12414 万円(1.24 億円)  です。

 

日本人の平均年収の 約 31.0 倍 稼いでいます。

 

また、同業界プロの平均年収よりも稼いでいます。

 

年収比較表
(単位:万円)

ジャイアント馬場

12414

日本人

402

プロレスラー

1000

格闘家

400

 

推定年収 (’1993)平均年収の何倍
12414 万円 / 1.24 億円約 31.0 倍
続きを表示

収入トピック

■ 納税額に基づいた推定年収

(写真) プロレス全盛期を支えたスター選手

ジャイアント馬場 (プロレスラー)さんの推定年収 】

  • 年度 / 順位 / 年収額 (万円)
  • 1992 / 18位 / 11466
  • 1993 / 18位 / 12414

関連記事 高額納税額 (1983年~2004年)

※ 自治体から公表されたデータに基づいています

ジャイアント馬場は、1960年代に全盛期を築き、1970年代には「 アントニオ 猪木 」とともにプロレス全盛期を支えています。

 

納税記録によれは、1992年、1993年にしか個人で推定1億円超えであったことは確かです。

 

馬場さんはプロレス団体を立ち上げた経営者です。法人名義で自身の収入を受け取っていたようで、結果的に納税番付では下位にランクインとなっています。

 

当時のプロ野球界の最高峰「王貞治さんや長嶋茂雄さんが『年俸3千万円、4千万円』などといっていたのを見て、おかしくて笑いが出てしまった」との逸話があるように、

 

自身は桁違いの収入があったことは間違いないでしょう。

 

■ 全盛期の年棒は3億円?

ジャイアント馬場さんの全盛期には桁違いの年収を手にしていたといわれいます。

 

プロレスチャンピオンとなった際には、最高年収が3億円を超え、給料袋が縦に立ったと語っています

 

当時はプロレスが地上波のゴールデン枠で放送されていた時代で、高視聴率を取っていました。必然的にプロレスラーが高額納税ランキングの上位を占めていた時代です。

 

ジャイアント馬場はトップ選手であるだけでなく、全日本プロレスリングを立ち上げた重役であったため、プロレスのギャラだけでなく、役員手当て、グッツなどからの収入、テレビ出演料など多くの収入を分配されていたようです。

 

■ ジャイアント馬場に関するリーク情報

ジャイアント馬場さんは、お金に関する豪快なエピソードが多くあります。真偽性に関しては不明ですが、ネット上から集めてきました。

 

  • 馬場正平のプロ野球時代の月給は5万円、プロレス入り後は3万円でした※週刊誌
  • アメリカ遠征時代は、一試合のギャラが最高7000ドル、「契約金160000ドル、年俸最低保証270000ドルの10年保証」であったが、その好条件を蹴り帰国
  • アメリカ時代には1試合で2万ドル(当時で約7百万)※本人のコメント
  • 「(1972年当時) 馬場さんは間違いなくキャッシュで30億以上は持ってました」※元プロレスラーの前田日明氏のYouTubeチャンネル内

「 ジャイアント馬場 」の自宅・マンション・実家

「 ジャイアント馬場 」さんの自宅・マンションは、

 渋谷区のマンション  だとされています。

渋谷区のマンション

【説明】

自宅写真
自宅の場所自宅の価格
渋谷区・某所推定 不明
続きを表示

家トピック

■ジャイアント馬場 自宅

ジャイアント馬場さんの自宅は、恵比寿駅から徒歩圏内、築40年のヴィンテージマンションでした。 現在は、とある実業家の方がリノベーションして住んでいるそうです。

「 ジャイアント馬場 」の車

「 ジャイアント馬場」さんは、

 キャデラック を持っているとされています。

キャデラック・フリートウッド ブロアム

車体色:白↩️出典:雑誌『DUNK』(’84年11月)を持っているとされています。

車写真
ブランドキャデラック
名称フリートウッド ブロアム
新車価格キャデラック・フリートウッド ブロアム
アメリカ

キャデラック・エルドラド

9代目、ブルーノ・サンマルチノからプレゼント(その後, 同型車に複数回乗り換え)を持っているとされています。

車写真
ブランドキャデラック
名称エルドラド
新車価格キャデラック・エルドラド
アメリカ

キャデラック・エルドラド コンバーチブル

9代目、’76年式、車体色:白、内装色:アイボリー、ナンバー「EGS930」。

車写真
ブランドキャデラック
名称エルドラド コンバーチブル
新車価格キャデラック・エルドラド コンバーチブル
アメリカ
続きを表示

車トピック

■ジャイアント馬場さんの愛車はキャデラック

(写真)同じキャディラックを乗り続けるジャイアント馬場さん

 

ジャイアント馬場さんの愛車は、キャディラックです。

 

米国で武者修行の時代に「人間発電所」と称されたイタリア出身プロレスラー、ブルーノ・サンマルチノからジャイアントさんの大きな体に合う車をとキャデラックをプレゼント。

 

気に入ったらしく、同じ色、同じ型のキャデラックを何台も乗り継いでいるそうです。

 

最後の1台は、居住地のハワイで使用、本人没後に遺族から地元の新潟県三条市へ寄贈されています。

「 ジャイアント馬場 」の資産まとめ

「 ジャイアント馬場 」さんは、

あーちゃん
S : 超金持ちです。 

 

収入・家・車・アクセサリー類を集計した

 推定総資産は5億円以上  です。

 

※ 日本人1000人の中で、上位1人か2人が持つ資産です。

 

分類総資産額人口割合
S : 超金持ち5億円以上0.16%
A : 金持ち1-5億円2.20%
B : 小金持ち5000万-1億円6.00%
C : 豊かな一般人3000万-5000万13.40%
D : 一般人3000万以下78.24%
続きを表示

総資産トピック

■ ジャイアント馬場 資産は?

(写真) プロレス界の巨人であるジャイアント馬場

ジャイアント馬場さんは、プロレスラーとしての長く成功したキャリアを築きました。

 

日本を代表するプロレスラーとして知られ、多くの試合で活躍した選手であるだけでなく、プロレス団体の共同設立者であり、後進の育成にも力を入れました。

 

具体的な資産額は公には明らかにされていませんが、長年のプロレスラーとしての成功と団体運営によって相応の財産を築いたと考えられます。

 

資産は推定40億円 (没後の報道では、8億円と公示 ) だそうです。

 

※ 自身の経営する全日本プロレスで得た収入を、元子夫人が社長をしていた『ジャイアント・サービス』の利益になるようにしていたため、見かけ上の資産公示が少ないと考えられます。

 

全日本プロレスは、馬場さんが選手にタニマチとの個人的な付き合いや、選手が勝手にTV番組やCMへ出演したり、雑誌のインタビューを受けることを禁止していたのと、またグッズのロイヤリティーは一切選手に還元されないなどで、守銭奴、ドケチともいわれる組織、裏ではかなりお金を貯めこんでいたそうです。

 

■ ジャイアント馬場 金銭感覚は?

ジャイアント馬場さんは、時計や靴、土地や物件のように資産価値があるものを買うのが好きだったそうです。

 

(金遣いの面でも)破天荒であるアントニオ猪木さんとは対照的で、堅実派だったそうです。

 

「猪木さんは金を使うことが好きな人で、馬場さんは金を使うことを忘れた人だった」と、その金銭感覚を語っています。

 

深謀遠慮の人物といったイメージが、お金の使い方にまで溢れていますね。

 

関連記事「 アントニオ 猪木 」資産データ徹底調査

【 注意 】執筆時時点での情報です。信憑性の低い情報も含みます。【 参考資料 】タレントデータバンク/野村総合研究所の「資本家」定義/民間給与実態統計調査 – 国税庁(2020年度)/全国・マンションハウスメーカーカタログ/自動車メーカ公式カタログ/ 各種週刊誌/他省略‥